袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クラブ員それぞれに成果と課題

 11月~3月まで厳しい冬期練習を経て、いよいよその成果を問う競技会がやってきました。高校生は県インターハイ予選、中学生は西部中学通信、小学生は全国交流静岡県予選がそれです。
 残念ながら高校生は次のラウンドには進めませんでした。中学生は、7人の選手が次の競技会(県通信陸上)へと駒を進めました。男子では、大場稜斗選手(袋井中)3年100m:11.67(追参)12位、村松俊哉選手(浅羽中)2年1500m:4.25.18(自己新)7位の2名。女子では、髙木唯楠選手(周南中)1年100m:13.71(自己新)4位、永井花歩選手(向陽中)3年100m:12.92(自己新)5位、共通200m:26.59(自己新)3位、増田未来選手(浅羽中)共通200m:26.74(自己新)8位、形田純璃選手(浅羽中)3年100m:13.26(自己新)12位、西尾夏実選手(浅羽中)共通800m:2.24.80で8位でした。 この7名は、県選抜大会を経て、7月26~27日に行われる県通信大会で、上位入賞(6位)し東海大会を目指します。
 さて、この大会で自己新及び県大会出場が達成できなかった選手が何人かいます。一生懸命冬の練習を頑張ってきたのにと思っているのではないかと思います。どこに原因があるかを追求していくことも大切なことですが、ここで、一度新種目への挑戦をしてみてはどうですか。クラブでは、個々に相談に乗るので是非やってみたい種目を考えてみてください。勿論適性をみてアドバイスもします。「挑戦」はクラブの原点です。積極的に挑戦してください。
 
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soujukum.blog.fc2.com/tb.php/74-d1b4d137

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT