袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トレーニングのあり方

 2月も半ばを過ぎ、いよいよ最初の記録会まで1か月を切りました。地区によっては、まだまだ屋外での練習もままならないところもあると思いますが、ほんとうに静岡県の西部地方は恵まれていますね。2週間連続で続いた大雪もまったく関係ありませんでした。
 さて、今回は、私なりにどのような考えで冬期トレーニングを実施しているかを書いてみたいと思います。まず、最初に選手に要求することは、練習に対して戦うモードに頭の中を変えることです。雑念を捨てトレーニングだけに集中させるのです。(中学生はなかなかこれが難しいです。)次に、動ける身体を作ります。動ける身体とは、身体の各器官を目覚めさせるとともに、けがを防ぐことを指します。そして、身体を強くするトレーニングを行います。これは、独特のサーキットトレーニングとウエイトリフティングで、とことん股関節周辺、肩甲骨まわりなど大きな筋肉を鍛えます。最後に技能の向上を狙った内容へと移っていきます。ただ、これがシーズン中だと、身体がフレッシュなうちに技能の向上を狙ったトレーニングが先になります。
 週3日ですが、トレーニングとは、こういうものだということの基礎を、上記の内容を通して学ばせています。
 ※短距離ブロックを中心に書きました。後日長距離についても書きたいと思います。
 
 
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soujukum.blog.fc2.com/tb.php/67-4437fc33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。