袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジャマイカのスプリントトレーニング

 11月17日(日)に、本年最後の長距離記録会が行われ、眞田翼選手(掛川桜が丘中)が3000mで8.49.54というすばらしい自己新で走りました。この時期に、中学3年生が自己新を出すことには、他の中学生にとって、とても参考になるものです。これは、競技と受験勉強を両立するという点においても見習うべきです。両立は、限られた時間を有効に使うこと、将来の夢をしっかり持つことで、乗り切っていけると思います。さらなる精進を期待しています。
 さて、私は、11月23~24日に大阪で開催されたスプリント学会へ参加してきました。日本陸連公認コーチの資格を取得してから、毎年1~2回の割合でこのような研修会や学会へ出向き、最新の情報を得ています。
 今回は、日本スプリント学会が、ジャマイカのシャンコーチ(ボルト選手も指導している)を招き、ジャマイカのスプリントトレーニングを披露しました。当日は、桐生選手(洛南高校)、福島選手(北海道ハイテクAC)、江里口選手(大阪ガス)が実際にシャンコーチに指導され良い刺激を受けていました。
 内容は、本当に基礎・基本となるものばかりで、大いに参考になるものでした。特に強調していたことは、
①グラウンドに入ったら戦うモードになっているか?
②最大スピードを高めるトレーニングをしているか?
③ほどよい目標をいつも持ち続けているか?
④Wupでは、大臀筋・ハムストリングスにしっかり刺激をあたえているか?
でした。スタート技術も丁寧にわかりやすく説明していました。これからの冬期トレーニングに上手に組み込みみんなでスプリント技術を高めていきたいと思います。

  
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soujukum.blog.fc2.com/tb.php/61-f5ca64a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT