FC2ブログ

袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

2019年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

クラブの「柱」となるもの

 最近テレビを観ていて思うことは、良質(視聴率が高いだけという意味ではない)な番組は、いくつもの「柱」があり、それぞれの「柱」が絡み合い、言わんとすることを、視聴者に訴えかけているなということです。
 翻って、我がクラブはどうだろうかと考えてみました。まずなんといっても「競技力の向上」。走ることが好きで、すこしでも足を速くしてあげたい。次に、体力をつけることや、基礎技術の定着。週3回2~3時間しっかりやればかなりの成果は出ます。そして最後に「気づき」です。他にも「柱」たくさんありますが、あえて3つとすれば「気づき」です。気づきとは、レニングパートナーを気遣う、周りを見て主体的に動くことができる、トレーニング中は、常に「?」に気づき、追求する。これらの柱を中心に、日々活動を続け、人間力を高めています。
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 13:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |