袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

県新人と袋井陸協練習会のメリット

 中・高とも県の新人戦が終わり早3週間~1ヶ月が過ぎました。中学生は、力的にみて活躍するのは難しいと思っていました。しかし、東海大会へ進んだ眞田木葉選手(掛川桜が丘中)は、力を出し切れずに予選を通過できなかったのは残念でした。原因のひとつとして、この県新人の前に、レースが立て込んでいたことが挙げられます。1年生ですので、あまり無理をしてレースをしても疲れが残ることがあります。今年の1年生の女子の長距離は非常にレベルが高いです。ちょっと油断すると悔しい結果になりかねません。来年もハイペースのレースが予想させます。しっかり力をつけたいきたいです。
 高校生は、ご存じのとおり、400m、800mで本多慶紀選手(磐田農高)が、1500mで、眞田翼選手(浜松商高)が優勝しました。他に、永井花歩選手(袋井高)が400mと1600mRで、増田未来選手(磐田南高)が1600mRでそれぞれ東海新人へ駒を進めました。1年生から活躍していますが、中3の冬期練習と、受験勉強を上手に両立しこの結果になっています。陸協の練習会は週3日です。自分の生活リズムを、今までと変えずやっていけば練習を中止することなく、高校生になってもスムーズにシーズンに入っていけます。中学3年生で、陸上競技の練習と、受験勉強を両立したい人は、是非袋井陸協の練習会に入会してみてください。待ってます!!
 
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |