袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今年もコーチングクリニックへ参加

 24日(土)~25日(日)にかけて、東京赤羽にあるNTC(ナショナルトレーニングセンター)で、日本陸連主催のコーチングクリニックが開催されました。講師は、あの桐生選手(京都洛南高校)を育てた柴田博之氏、もう一人は、ご存じオリンピックメダリスト室伏広治選手を育てた父室伏重信氏でした。
 柴田氏の内容は、以前月刊陸上競技にも掲載されたものをさらに詳しく説明するものでした。特に印象に残ったことは、トレーニングは、物語のように起承転結あり、必ず結で終わらなければならないということでした。洛南高校では「スピード」をその結と位置づけているとのことでした。私も短距離のトレーニングでは、冬でもスピードと考えているのでその点で一致しているな思いました。もう一つ大切だなと感じたことは、「怪我」に対する考え方です。桐生選手は、昨シーズン50以上のレースに出場しましたが、怪我とは無縁でした。これは、柴田氏の「怪我をする前に怪我を予測し予防する」という考え方によるものでした。良かれと思ってその選手の特性を考えず、なんでも取り入れていく危険性に一石を投じてくれたものでした。
 室伏氏の講演では、今冬続けている体幹トレーニングに間違いはないということを再認識しました。余談ですが、私も室伏氏のように凡人の域を超え、達人になりたいと話を聞いていて思いました。(笑)
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年がスタート!

 遅くなりましたが、皆様明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 年が明け、トレーニングが再開して早1週間以上がたちました。新年になってからのトレーニングへの参加率が高く、2014シーズンへの意気込みが伝わってきます。コーチ陣も、本気になって指導しようという気持ちになってきます。良いことですね。
 さて、トレーニングですが、さらなる体力つくりに加え、1月からエネルギー系のメニューを少しずつ入れていこうと思っています。どの程度大切なのかはシーズンが始まると理解できると思います。ぶっ倒れるまで頑張りましょう。その先に栄光が待っています。
 もう一つ技術系のトレーニングですが、新年になって、浜松積志中のコーチである水野先生と話す機会があったのです。その話の中で、今、袋井レーサーズTCで実施している内容は、ジャマイカの選手達が行っていることと基本的には同じですね、というお言葉をいただきました。私は大いに自信になりました。そのジャマイカトレーニングを体感したい方は、是非袋井レーサーズTCまで足を運んでください。お待ちしております。
※曜日:月、水、土  時間:月、水(18:30~) 土(13:30~)  場所:月、水(周南中) 土(エコパ、磐田)です。

| 練習日誌 | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |