袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

チームの雰囲気は?

 本番で持っている力を発揮できるかできないか、あなたはどちらですか?本番で力を発揮できるかできないかは毎日行われている練習が、どのような状態で実施しているかということに関係していると思います。チームの中に緊張とリラックスがあり、いざという時ピーンと張りつめた空気が漂うような雰囲気があるかということが大切になってきます。私は、部活動で陸上競技を指導している時は、常にこのことを頭に置いていました。もうひとつ毎日の練習の中で、いろいろな種目から練習での自己新が次々と出てくる時は、いい雰囲気で練習ができているといっていいでしょう。
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ本番へ!!

 5月の大型連休も終わり、小・中・高・一般と、それぞれ今シーズンの最も大切な競技会が近づいてきました。ここからどんなトレーニングをするか、どんな心構えでトレーニングに臨むかということが重要になってきます。これからのトレーニングは、鍛えてきたことを発揮できるような内容になってきます。トレーニングをしながら、徐々に疲れを取っていき、大切な競技会に合わせていきます。また、心構えは、トレーニング以外で、次の日にいかに疲れを残さないか(トレーニング・睡眠・栄養・マッサージ等のバランス)ということを常に生活の中で考え、行動していくことです。この心構え一つで、大きな成果を生むか、結果が思うように出ず、悔しい思いをするかに分かれます。自分の立てた目標に到達できるようコーチとよく相談し、コンディションを整えていきましょう。
 5月3日に静岡国際陸上に、2年連続で天野選手(袋井市役所)が400mハードルに出場しました。結果は、51.27でシーズンベストでした。6月に行われる日本選手権(今年は、東京・味の素スタジアムで開催)で世界陸上を狙っていきます。なかなかレベルの高い種目で、厳しい戦いになりそうですが、挑戦者の気持ちを忘れず、果敢に挑戦してほしいと思います。

| 練習日誌 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮城県中学選抜選手来袋!!

 先月の29日(月)に、私(将夫)と国体以来10年来の交流があった、宮城県の中学校教員菅原先生と温めていた交流試合が、国体が開催されたエコパで実現しました。1泊という短い滞在でしたが、民泊(ホームスティ)も行いました。当日は、天候もよく、気温もグングン上がり、絶好の試合日和となりました。宮城選手団もこのコンディションに乗り、18種目の自己新が出るなど、収穫の多い競技会となりました。
 そんな中、我が袋井陸協も、本多選手(森中)が400mで51.60、800mで2.0020とともに自己新、眞田選手(桜が丘中)は、800mで2.04.41、1500mで4.13.64とともに自己新、牧野選手(神明中)が1500mで4.41.50で自己新、河原崎選手(掛川北中)が100mで11.52(-0.6)で自己新、宮下選手(神明中)が100mで12.35(-1.5)で自己新でした。女子では、天野選手が100mで14.04(-0.2)、200mで28.81(-0.6)とともに自己新、田中選手が100mHで16.81(+0.3)で3秒ほどの大幅自己新など、実り多き競技会でした。陸上競技の基本は、まず自己新の更新です。みんな少しずつ厳しい冬にやってきた強化が出てきています。

| 練習日誌 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |