袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

それぞれのカテゴリーで

 現在、袋井陸協練習会では、小学生から社会人まで4つのカテゴリーの選手が、同じグランドで汗を流しています。この練習会の狙いの1つに、10年をひとつのスパンとして考え、指導していくということがあります。勿論クラブ員全員がそうなってはいませんが、最近少しずつこのような選手が出てきました。この指導のメリットは、各カテゴリーで促成的な指導により、無理やり結果を出す必要がなく、将来世界的な大会に出場することや、指導者として社会に貢献することなどを目指すことができることです。従って、そこには当然暴力はなく、安心してトレーニングに励むことができ、5つの大切な社会的なルール(挨拶、感謝等)も学べるのです。このような先進的なクラブで是非学んでみませんか!速くなくても継続できる人なら誰でもOK!です。
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飯塚選手(中央大)から学ぶ

 16日(土)磐周強化練習会で、陸上競技教室が開かれました。講師は、ロンドンオリンピック男子4×100mリレーのアンカーで、5位入賞を果たした中央大学の飯塚翔太選手でした。午後1時から始まった教室は、ウォーミングアップから短距離に必要な動きなどを指導した後、メインのスタート技術に入りました。このスタート技術は、飯塚選手がアメリカへの短期トレーニングの中で、身につけた貴重なものでした。非常にシンプルで、分かり易いものでしたが、中学生にとっては、マスターするにはもう少し体幹を中心とした筋力をつけないと難しい技術だなと感じました。
 ところで、この日見た飯塚選手の下半身には、コーチとして見惚れてしまいました。付け根の大腿部が太く頑丈で、下に向かってスーと細く、足首が締り、アキレス腱がボルト並みに長く綺麗なものでした。(私はいったいどこを見ていたのでしょう?)
 このスタートの技術については、中・高校生に合った形で陸協の練習の中で試したいと思っています。一緒にやってみたい選手は袋井陸協の練習会へどうぞ!!。
 ※袋井陸協の練習会は、毎月、水は周南中で夕方18:30~、土はエコパ・磐田等で13:30~やってます。

| 練習日誌 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NHKラジオ深夜便より

 私も、あまりよく知りませんでしたが、NHKでラジオ深夜便というものをやっているのですが、みなさん知っていましたか?この深夜便に、高橋尚子さんが出演した時のことが、雑誌に載っていました。その中で、シドニーオリンピックでの思い出が語られている場面で、マラソンは、楽に走ることができる時と、苦しくてやめてしましたい時の両方が交互にやってくる。そして、楽にスイスイ走っている時、シモンさん(シドニーオリンピックでデッドヒートを繰り広げたライバル)が横にいるのに気づき、その時なんと、「この人とこのままずっと走り続けていたい。」と思ったそうです。ここに金メダル取る、あるいは記録を出す秘訣が隠されているのではないかと思います。このことは、人間のもつ本能の部分に触れているような気がします。どうでしょうか?

| 練習日誌 | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正しい目線

 2日(土)の強化練習で気になることがありました。それは目線です。この日は、150m×6というメニューが組まれ、それぞれ選手は一生懸命走っていました。その中で、かなりの選手が、50mを過ぎると目線が下がるのです。目線が下がると、ストライドが狭くなったり、背中が丸くなり、走る姿勢が悪くなったりします。そして、なにより心配なのは、「まっすぐ前を見ていられない」ようするに「我慢」できないということです。正しく走るには、この「我慢」が大切になってきます。気を付けて練習してほしいものです。 

| トレーニングの窓 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JAAFジュニアコーチングクリニック

 先月の26日(土)に東京のNTC(ナショナルトレーニングセンター)で、講習会が開かれました。講師は、言わずと知れた天竜中の水野先生と、ディーン元気選手を育てた中京大の田内先生でした。
 水野先生からは、一人一人の特性を見抜き、それぞれに合ったトレーニングを組み立てることが大切であること、田内先生からは、経験だけに頼ることなく、しっかりとした動作分析をし、トレーニングに生かすことが大事であることがわかりました。
 今日(2/3)の別大毎日マラソンを見ましたか?川内選手は、長距離は苦しくなってからが本当の勝負だということを見せてくれました。陸協の長距離部員のみんなも、この川内選手の心意気を普段の練習に生かしてほしいものです。

| 練習日誌 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |