FC2ブログ

袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

≫ EDIT

夜間照明に関する続報

 夜間トレーニングに関して、大変ご迷惑をおかけしています。今日(10/4)市のスポーツ推進課に夜間照明について問い合わせたところ、復旧まで10月末までかかるとの返事でした。明後日(土曜日)磐田での練習会で、選手にはその旨を伝えます。すみません、ご了承ください。
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お詫び

 10月に入り、暑さの中にも、爽やかな風が吹き、競技会にはもってこいの季節です。みなさんもうひと頑張りすれば、自己新も夢ではありません。そんないい季節ですね。
 さて、お詫びですが、月、水のトレーニング会場となっている周南中ですが、市の施設である照明の不具合でトレーニングができません。復旧に時間がかかるということで、次回の周南中での実施に目途が立ちません。明日も周南中での練習はありません。長距離は磐田で実施予定です。6日の土曜日は13:30から磐田で実施します。御迷惑をおかけしますが、ご理解を願います。
 

| 練習日誌 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高のパフォーマンスを

 6月~8月は、自分の持っている最高のパフォーマンスを発揮する月です。
 そんな中、中学生に競技会(通信大会静岡県西部地区予選会)がありました。袋井陸協クラブからも、多数の選手が参加しました。
結果は、7種目で8人の選手が県大会出場を決めました。静岡県西部地区の中学生のレベルは非常に高く、例えば、3年生女子の100mなどは、12秒台でも決勝に残れず、県大会出場13名は、全員12秒台というものです。このような状況のなかで、見事県大会へ駒を進めた8人はほんとうに素晴らしいと思います。
<県大会出場者の結果>
1年男子100m 松本清志郎選手 13.13(13位)  共通男子400m 永井匠選手 53.09(12位)
共通男子800m 伊藤聡平選手 2.03.46(2位)  3年男子1500m 伊藤聡平選手 4.18.08(4位)
3年男子1500m 伊藤海心選手 4.20.76(10位) 3年男子1500m 金子連太郎選手 4.21.66(13位)
共通3000m 小林丈瑠選手 9.18.36(5位)  3年女子100m 永井咲帆選手 12.89(10位)
共通女子四種競技 廣岡優衣選手 2260点(3位)
 週が明けての月曜日に、こんな話を中学生の前で話しました。「努力したら、すべて良い結果として現れることなどありえない。むしろ自分の思い描いた結果などなかなか出ない。」しかし、「努力してきたことは、無駄にはならない。1年前の自分と比較し、成長したところはないかどうか振り返ってほしい」と伝えました。

| 練習日誌 | 13:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーズンイン!

 4月に入り、早3週間が過ぎました。すでに4レースに出場し、現在のトレーニングの進行具合を確認している選手もいます。この冬しっかりトレーニングが積めた選手は、気温の上昇とともに、記録もどんどん上がっていくことでしょう。しかし、まだ思うように記録がアップしない選手もいます。でも心配はいりません。冬に鍛えた身体を、競技用(スプリンター用)に移行していくには少し時間がかかります。こからのトレーニングで、スピード練習や、早い動き作りを多く取り入れていけば、昨年以上の結果が得られるでしょう。もし、記録に変化が見られない場合は、疲労や怪我が心配されます。また、環境の変化で生活が不規則になっていることも考えられます。そんな時も焦らず、治療や規則正しい生活に戻していくことを実践してみてください。袋井陸協クラブの選手も、自己新続出で嬉しい限りです。特に、岡崎選手(旭が丘中教員)は早くも49秒24で、県ランキング8位(4月15日現在)に位置しています。みんな!岡崎先生に負けるな!

| 練習日誌 | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンディショニング

 3月に入り、競技会や記録会が少しずつ開催されてきています。まだまだ冷たい風が時折吹いたり、気温の差が激しかったりと、身体の調整が難しいことと思います。
 さて、今回は、コンディショニングについて書いてみたいと思います。ここでいうコンディショニングとは、競技会10日前の調整トレーニングという、狭い意味でのものではなく、週間や月間のトレーニングのどこにピークを持っていくかとか、狙った競技会から逆算して、どのようにトレーニングを組んでいくかというものです。シーズン中は、競技会が週末に開催されることが多いので、1週間のトレーニングは、週末にピークを持っていくよう工夫が必要です。また、狙った競技会の前には、記録会やタイムトライアルを数回入れ、その結果により、課題を追求し、解決していきます。競技会の10日前にはもう結果は出ています。結果が出るごとに一喜一憂したり、間際になってバタバタしたりすることのないように、計画的にトレーニングを進めていってください。

| トレーニングの窓 | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT