袋井から世界へ!走塾「M」

袋井市陸上競技会の活動報告ブログです

≫ EDIT

スノーボーダー、オフトレーニング開始

 袋井陸協所属のプロスノーボーダー三木つばき選手が、昨日から陸トレを再開しました。昨年8月~今年の3月まで、国内、国外(ニュージーランド、オーストリア、韓国、ドイツ、イタリア)で合宿を行ったり、大会を転戦したりしました。結果は、15戦し13勝とすばらしい成績を残しました。昨年行った陸トレでお手伝いでき、我々コーチスタッフも大変喜んでいます。今後も、平昌五輪の次の北京五輪を目指し、努力を継続していってほしいと思います。
追伸
 本人は、昨年あった時とかわらず、明るく、礼儀正しいアスリートでした。また、海外でのトレーニングや生活を通して、普通の中学生ではとても経験できないことを学び、人間的に大きく成長している姿が眩しかったです。
スポンサーサイト

| 練習日誌 | 10:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーズンインに向けて

 4月に入り、いよいよ競技会、記録会が頻繁に実施されます。そこで、袋井陸協練習会でも、ウォーミングアップに一工夫をしてみました。3月までは、いわゆる鍛える部分も含めての準備でしたが、昨日からは、レースやメイン練習に向けて調子を上げていくような内容にチェンジしました。その内容は、身体を温める(主に有酸素運動)→固まった部分を柔らかくする(静的ストレッチ10秒程度)→力を出しやすくする(動的ストレッチ)→軽メニュー→メイン練習というものです。練習時間は限られています。むだなく、むりなく、むらなくです。よかったら参考にしてください。

| 練習日誌 | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次なるステージへ

 2017年3月31日をもって、36年間務めてきた教職にピリオドを打ちました。これにはいろいろな理由はありますが、その一番大きな理由のひとつに、陸上競技のトレーニングに集中し、コーチとしての資質を向上させたいという大きな目標があったのです。そして、その向上の先にオリンピアンを育てるという夢があるのです。経済的には多少の不安はあるものの、自分の夢の実現の為には、このタイミングしかないと思い決断しました。今後は、選手のニーズに合わせたトレーニング(アスリートファースト)ができる喜びに浸っていきたいと思います。
 その他、クラブのさらなる発展、国際交流、若手コーチの育成、部活動支援などいろいろな人の手を借りながら少しづつ進めい行けたらなと思っています。36年間いろいろな人にお世話になり、ここまで来ることができました。ありがとうございました。

| 練習日誌 | 09:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すぐそこに春(シーズン)が・・・

 前回年が変わったというブログを書きましたが、早いもので、もうすぐそこに2017年度のシーズンが迫ってきました。皆さん準備はできていますか?我がクラブでも来る競技会に向けて、着々とトレーニングを積み重ねています。来週あたりから、鍛える部分とスプリント技術の割合を考え、競技会に合わせ調整していきたいと思っています。ただ、とのクラブでもそうだと思いますが、怪我や自己都合でトレーニングが進まず、いつ競技会に参加できるのだろう?という選手がいます。特に、「自己都合」でトレーニングが積めていない選手は要注意です。私はこうなりたいという「覚悟」が足りないのです。今、我がクラブに県外の高校でサッカーを続けていくという選手がトレーニングに参加していますが、やはり覚悟が違いますね。中学を卒業し、親元を離れ、サッカーをするのですから相当の覚悟が必要です。昨日も「この動きはサッカーにはすごく必要だよ。」とアドバイスをすると目を輝かせてその技術獲得に励んでいました。そんな選手なので、他県にいっての活躍が今から楽しみです。

| 練習日誌 | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年が明けました。

 皆様方、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 年末に、恒例の1泊2日の合宿を行いました。天気が良く、大きなトラブルもなく、トレーニングも順調進みました。
 今回は、合宿に参加した選手の食事の状態が、夏合宿と比較して、どの程度成長しているかが楽しみでした。なんと全員ほぼ出された食事を食べることができ、コーチ一同大変嬉しく思いました。これも日頃の家庭でのご指導の賜物であると確信しました。
 年が明け、初練習を4日(水)に行いました。出欠状況ですが、欠席5名、練習途中の体調不良2名でした。私は、最初のショートミーティングで、「覚悟」という言葉を選手に投げかけました。夢への「覚悟」があれば、どんな状況でも練習を最優先できるはずです。支えられているという感謝の気持ちを持ち、自分の行動に責任をとる中、覚悟を決めトレーニングに励んでいきたいものです。。

| 練習日誌 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT